オールインワン化粧品の主な特徴

subpage01

オールインワン化粧品は一つのアイテムに化粧水や美容液、乳液などいくつかの働きを持っている成分が含まれていて1回だけのお手入れが済むため時短になり忙しい女性にとって便利なアイテムです。

今、話題のオールインワンの化粧品との上手な付き合い方をお知らせします。

よく単体よりも効果が落ちるのではないかと思われますが、実はそうでもなく最近は高性能なものも多くて、効果が高いものを何アイテムも使うと肌が本来持っている保湿機能や自己再生能力を下げることもあります。最小限の効果だけを持たせたオールインワン化粧品を使うと肌が強くなることもあり、面倒なスキンケアもたった1回で終わるのは魅力でもあります。

オールインワン化粧品は種類も豊富で選ぶときには迷うこともあり、保湿や美白などそれぞれ商品によって得られる効果も違うので自分の肌質や悩みなどによって選択してくのがおすすめです。
最大の魅力は一つのアイテムだけで複数のアイテムと同じ働きが得られることで、化粧水と美容液、乳液の機能が纏められたタイプだとこれらのアイテムを個別に買う必要もなく手間も省けます。



付け方も基本的には普通の化粧品と同じで肌に浸透させることが重要で、適量だけ一通り馴染ませて終わるだけでは成分は皮膚の表面の留まってしまい角質層まで届きません。
適量を馴染ませてからもう一度薄く重ねて塗ります。



ポイントとして両手で顔を覆って手の平で皮膚全体を優しく押さえて、10秒ほどハンドプレスをして仕上げると肌の表面の温度も上がって美容成分も浸透しやすいです。


よくオールインワン化粧品だと保湿に物足りなさを感じてしまい、クリームを重ねることもありますが油分が多いと過剰な油分が酸化して肌を老化させる原因になることもあります。乾燥が気になるときは部分的に重ねて付けるのがよいです。

クリームや乳液で油分を補うときは後から薄くつけるようにします。